Airbnbとは?

Airbnb(エアビーアンドビー)とは?いったい何のこと?

Airbnbは、エアビーアンドビーと呼ばれます。
日本では、エアビなどと略されてよく話題にあがることが増えています。

超シンプルに、Airbnbについて解説するならば、これは『民泊』のことです。

自分が所有する物件を宿として提供し、宿泊先を求める人に提供するというWebサービスサイトです。

Airbnb(エアビーアンドビー)ができた簡単な歴史

はじめに、このAirbnbができた数年前の歴史を少し解説します。

このインターネットをつかった民泊のサービスがスタートしたのは、2008年。
アメリカサンフランシスコではじまりました。
創業メンバーのシェアルームを宿泊用に提供したことがきっかけで、宿泊したい人と、宿を提供したい人とを結びつけるサービスとして世界中に広まりました。

サービスを提供するAirbnb社の企業時価総額は、2015年の12月で3兆円以上にもなっています。

たった数年でここまで大きく成長するサービスということはそれだけ必要とされるサービスということでしょう。

Airbnbがようやく日本でも盛り上がりを見せています。

2014年あたりから、このエアビも、ここ日本でも少しずつ話題に取り上げられはじめました。

日本国内へ来る観光客数も、年々増え続けて、東京都内などは、宿泊場所が足りない状況もあって
ますますエアビを利用する人が増えています。

2020年には東京オリンピックがあるので、それまで、海外からの日本への来訪者数が伸びることは容易に想定できます。
東京オリンピックをTVでみてから日本に興味をもって来訪してくる人も増えるでしょう。

Airbnbを利用してお金を稼ぐことができるのか?

当サイトとしては、Airbnbを使ってお金を稼ぐことはできると考えています。

一般的には不動産投資の年利率は約8%でいいほうだと聞きますが
エアビを利用すれば、その年利率は100%を超えられると書いてある書籍もあるほどです。

時に、時代の流れと技術のタイミングがあった時に、いままでなかったサービスが
爆発的に必要とされて伸びる時があります。

それが今まさに、Airbnb(エアビーアンドビー)でしょう。

Airbnb(エアビーアンドビー)の使い方は?

当サイトでは、コンテンツの一つとして、Airbnb(エアビーアンドビー)の使い方を詳しくレクチャーするページも用意しています。

Airbnb(エアビーアンドビー)の運用を代行してくれる会社について

ひとりの力は限られています。

Airbnbのホストになると宿泊施設をしっかりと管理することが求められます。
ひとりでたくさんの宿泊施設を抱えていると、清掃や鍵の受け渡しなどすべての管理が大変になってきます。

そんな運用をサポートしてくれる代行会社も増えてきました。

実際に、運用代行を依頼した体験レビューなどもコンテンツとして用意します。